JLTジャパン株式会社(保険仲立人)

Governance

JLT ジャパン株式会社は、サービス会社として2005年7月にJLT リー・ジャパン株式会社として設立されました。2010年にJLT ホールディングス・ジャパン株式会社の100%子会社となり、同年保険仲立人の登録を行い、元受保険・再保険の保険媒介業務等を行っています。グローバル化し、多様化するお客様のニーズ及びリスクに対応して、お客様の立場にたって、保険・再保険プログラム及びリスクソリューションを提供しています。

弊社は、1995年の保険業法の改正に伴い、導入された、保険仲立人制度の下での保険仲立人です。保険仲立人は保険者(保険会社等)から独立した立場で、保険契約者であるお客様から委託を受け、お客様の立場で契約条件・(再)保険料等の交渉を保険者と行う役割を担っています。

保険仲立人と保険代理店(保険募集人)の違いについて

broker

保険仲立人であるJLTジャパン株式会社は、お客様からの指名に基づいて活動を開始し、お客様の委託を受けて保険媒介業務を行っており、お客様の為に誠実に保険契約締結の媒介を行わなければならない「誠実義務」を法令上も課せられています。一方、保険代理店は保険会社(または少額短期保険業者)から委託を受けて保険会社の為に保険契約締結の「代理」または「媒介」を行う者であり、その立位置は異なっています。

 登録番号  関東財務局長 第56号
 設立 2005年7月
 資本金 10,000,000円 
 事業内容 各種サービス業務・損害保険契約媒介業務
 所在地 東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル4階 
 代表番号  03(6730)3530
 代表者 代表取締役社長 亀田 喜三夫