ブラジル:投資家たちは新大統領に何を期待できるか

08 April 2019

原文: WHAT CAN INVESTORS EXPECT FROM BRAZIL’S NEW PRESIDENT?

極右の国会議員であり陸軍大尉の経歴を持つジャイール・ボルソナーロ氏が2018年10月に大統領に選出された。ボルソナーロ氏は自由経済政策を追及すると見られるが、新議会は千々に分断されており、その統治は困難な課題となろう。次期政府は社会保障費の削減を期待されており、これは増大する債務を安定化させる半面、社会不安を引き起こすことになりかねない。

安全保障環境

社会自由党に所属するボルソナーロ氏は、左派労働党のフェルナンド・アダジ氏と対決する二次投票で55%以上を獲得した。ボルソナーロ氏は20191月に就任する予定である。ボルソナーロ氏は軍事独裁を賞賛し、(女性や性的少数者への)蔑視扇情で国家の検察官から告訴されるなど、物議を醸している人物であり、彼の当選は増加する犯罪や汚職スキャンダルによって質が低下している政治階級に対する不満の深さを示している。

しかし、大きく分裂した政治運動を受けて、ボルソナーロ氏の下での社会不安リスクは高いままである。次期大統領の年金改革や民営化計画は労働組合に反対され、特にリオデジャネイロの中心地やパウリスタ通りにおける抗議を誘発すると見られる。

ボルソナーロ氏の公約である、銃規制法の緩和と犯罪容疑者を処刑する警察の権力の強化は、超法規的殺人を増加させるであろうほか、大都市でのデモを誘発する可能性があるだろう。

より攻撃的な安全保障政策はまた、安全部隊と犯罪グループの暴力的な衝突を増加させ、死傷リスクを高めると予測されている。

デモ中の財物損害リスクは比較的低いが、深刻な事業中断リスクが生じる。20174月のゼネラルストライキの間、年金改革を通過させようとする先の試みに誘発され、抗議者たちは主要都市の道路を封鎖した。

ブラジルのトラックドライバーはますます頻繁に争議行為を行っており、最近では2018年5月に11日間にわたる全国規模のストライキが行われ、空・海・陸の交通を激しく混乱させた。すでに燃油価格の補助金や輸送料において政府から特権を得ていることから、トラックドライバー協会は今後12ヶ月間に更にストライキを打ってボルソナーロ政権の決断を試すだろう。

貿易環境

ボルソナーロ氏は市場指向の施策へのコミットメントを示しており、その当選は経済活動を高揚させるだろう。実質GDP成長率は2018年の1.8%から2019年には2.0%に徐々に上昇すると予測されているが、GDPの約8%に達した財政赤字をボルソナーロ政権が減少させる力があるかにその多くは依存する。政府一般債務も比較的高水準にあり、2014年のDGP56.3%から2018年には77.5%に急激に増加すると予測されている。ボルソナーロ氏が財務大臣に指名したパウロ・ゲジス氏は、民営化や公共支出の削減を強く主張している。しかし、議会の下院には30、上院には21の政党があり、こうした議会の極度な細分化は、改革の実施の試みを複雑化させるだろう。

加えて、多くの市場指向の施策に反対票を投じた国会議員のゲジス氏とボルソナーロ氏の間の緊張が生まれる可能性もある。ボルソナーロ氏はまだ年金改革案の詳細を明確にしておらず、2020年までの財政黒字達成目標は、他の数多くの支出削減政策が施行されない限り達成できないと見られる。しかし、政府は少なくとも、中期的な赤字状況を安定させる限定的な年金改革を承認するだろう。

ブラジルの通貨であるレアルがUSドルに対して年初から今日までで12%以上下落したが、通貨財政赤字が大きくないこと、対外負債の割合が比較的小さいこと、外貨準備高が強固であることから、外部からの衝撃に対するリスクは限定的となるだろう。

Risk Outlook: トルコ

投資環境

ボルソナーロ政権は、社会安全保障改革に加えてさらに野心的な民営化計画を追及するための政治的資本を欠き、国営石油企業であるPetrobrasの完全な民営化は検討されていない。しかし、次期政権は国営電力会社のElectbraに加え、その燃料流通会社であるPetrobras Distribuidoraの大半の株式を売却する可能性がある。

ブラジルで締結される契約は実行されるであろうが、司法制度が厄介であり法的裁判は非常に長引く場合があるだろう。多数の連邦警察による捜査が進行中であり、近年汚職防止法が強化されてきていることから、不法な証拠が明らかになった場合の契約変更リスクが増大している。

ボルソナーロ氏はLava Jato汚職捜査(洗車作戦)を指揮し、前大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ氏を有罪とした影響力のある裁判官セルジオ・モロ氏を司法大臣に指名した。モロ氏はその立場を利用してさらなる汚職防止策を導入するとみられ、契約改正リスクが高まる可能性がある。

投資家たちはブラジルの新大統領に何を期待できるか

投資家たちはブラジルの新大統領に何を期待できるか