スマートコントラクトとは?

05 April 2019

原文:WHAT DOES SMART CONTRACTS MEAN?

スマートコントラクトとは、自動実行コードに基づく当事者間の契約条件の合意を自動的に履行する電子契約だ。この技術は、ブロックチェーンや仮想通貨、マシンラーニングなどと併せて言及されることが多いが、スマートコントラクトはこれらの技術から独立して運用されることが可能だ。

スマートコントラクトは特定の管理、法務プロセスを自動化することで取引コストを削減することが可能であり、仲介業者や弁護士などのサービスへの依存を軽減できる可能性がある。スマートコントラクトは、コードに設定された指示に従って、文書発行、支払、取引実行、資産取引を自動的に行うことが出来る。

この技術は1990年代から存在していたが、ブロックチェーン、とりわけEthereum(イーサリアム)などの仮想通貨プラットフォームの発展と共に益々一般化されてきた。しかし、スマートコントラクト(およびブロックチェーン)は、今やサプライチェーン、商取引、物流、エネルギーの契約および政府、保険を含む金融サービスなど様々な分野で利用されている。

例えば、CapGemini Consulting社によれば、自動車保険市場におけるスマートコントラクトの利用によって世界で年間210億ドルのコスト削減を実現した。投資銀行では、スマートコントラクトによって融資の処理を行うための平均時間が半分になり、住宅ローン市場では30-110億ドルのコストを削減した。

なぜ重要なのか?

世界的なスマートコントラクト市場は年平均成長率32%で推移し、2023年までに3億ドル規模になると予測されている。スマートコントラクトはブロックチェーン・イニシアチブと併せて、保険や銀行、海運を含む様々な産業で試験されている。この技術は今後5年間でより一般的となり、10年以内には主流になると見られている。

その利益をよそに、スマートコントラクトは多くの課題に直面している。規制は未だ技術進歩のペースに追いついておらず、税務・法務上の課題も残る。英法制委員会はスマートコントラクトに適合できるよう、現在の法的枠組みを見直している。法制委員会はどのようにスマートコントラクトが契約法の概念と相互作用していくのか、またその解釈や法的責任、適用法、紛争解決法について疑問を投げかけている。

サイバーセキュリティも重要な懸念事項の一つだ。スマートコントラクトの監査を行っているサイバーセキュリティ企業Hosho社によると、全てのスマートコントラクトのうち、およそ25%がバグを抱えている可能性が

あり、およそ60%は少なくとも1つのセキュリティに問題があるという。昨年、スマートコントラクトの開発会社であるParity社は、3,000万ドルの仮想通貨が盗難にあった自社のスマートコントラクトソフトウェアについて脆弱性があることを警告した。

成人向けウェブサイトSpankChainは、2018年はじめにスマートコントラクト施設がハッキングに遭い、資金が盗まれたと述べている。犯罪者はスマートコントラクト内のいわゆる“リエントラント(再入可能)”バグを悪用した。クラウドファンディングプロジェクトDAOでも同様の欠陥が利用され5,000万ドルの仮想通貨が盗まれた。

 

サイバー保険に関するお問合せはこちらより送信ください。